WordPressでhttpからhttpsにしたい時にする手順(エックスサーバーSSL化)

スポンサーリンク

WordPressでhttpからhttpsにしたい時にする手順(SSL化)したい場合の手順を紹介したいと思います。

まず、httpsにしたい時にする手順(SSL化)する必要があるのか?

について書きたいと思います。

SSL化の必要性

常時SSLとは 常時SSLとは、ウェブサイトの閲覧を常にSSLで通信を行うことです。 SSL通信とは、インターネット上の通信を暗号化するため仕組みです。 通信を暗号化することで端末とサーバー間の盗聴や、改ざんができなくなります。

https://shared-blog.kddi-web.com/webinfo/250

すなわち、安全にサイトを利用してもらう為に必要な技術となっています。
今は、ほとんどの有名なサイトは、SSL化が導入されているのが現状です。

まず、SSL設定をしていきます。
エックスサーバーにて説明になります。

エックスサーバーでのSSL設定

エックスサーバー→サーバー管理→ドメイン→SSL設定

設定したいドメイン(サイト)を選択します。

独自のSSL設定追加→独自のSSL設定を追加する(確定)

で完了です。

1時間以上、これで待ちます。

完了すると、

と表示されます。次に、

WordPressの設定からURLを変更

ワードプレス→一般

を開きます。

ワードプレスアドレス、サイトアドレスを、sを加えて更新します。

更新すると、一度ワードプレスから抜けますので、再ログインします。

ワードプレスのプラグインSearch Regexで、内部リンクを置換する

次に、内部リンクを、すべてhttp: からhttps:へ変更します。

すべてこのソフトできます。

プラグインをインストール→有効化

ツール→Search Regex

で出てきます。

このプラグインは置換することができますので、他にも応用できます。

次に、

開くと、上記のような画面が出ます。

上記のように、

Search pattern:置換したいURL (http:

Search pattern置換後URL (https:

を入力します。

例:

Search pattern:http://freesoftwaza.com/

Search pattern:http://freesoftwaza.com/

Relplaceを押すと、

置換する予定リストが出ます。

一覧で出てきますので、少し待ちます。

その後、よかったら、

Relplace&Saveを押します。

※この操作で、sにすべて変わりますので、

心配な場合はバックアップを取るのをおすすめします。

最後に

今はSSL化をするのが当たり前になってきていますので、

無料SSLができるxサーバーがオススメです。

スポンサーリンク


関連記事


人気サーバーランキング


おすすめ記事

自己紹介

フリーソフト好きな管理人が、自分のオススメするフリーソフトを勝手に乗せるサイトです。 ワードプレスについてはまだまだ勉強中です~。

最近の記事

  1. 2020.07.10 | windows10, ファイル編集

    Windows 10対応のマウスジェスチャーソフト『StrokesPlus』
    右クリックしながらマウスで予め決められた軌跡を描くことをきっ…
  2. WordPress

    2020.05.24 | WordPress

    サイトの収益化を狙う時に必要な『Goolgeアドセンスの審査の申請方法』
    サイトの収益化を狙う時に必要な『Goolgeアドセン…
  3. 2020.05.05 | 画像編集

    Youtubeのサムネイルなど、WEB上で簡単ロゴ・バナー作成なサイト紹介
    今回オススメしたいサイトは、Canvaというサイトです。…
  4. hjsplit

    2020.04.05 | freesoft, ファイル編集

    圧縮・解凍ソフトの新定番!『CubeICE』
    RAR 解凍ソフト Lhaplusですが圧縮・解凍ソフトの新…
  5. WordPress

    2020.03.22 | WordPress, サイト作成

    WordPressデーターを丸ごと移動できる「All-in-One WP Migration」
    WordPressのデーターを丸ごと移動できる「All-in…

カテゴリー