WordPress

WordPressで、自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれるプラグイン

スポンサーリンク

自分のサイトの内容がコピーされたれた検知してくれる「WordPressプラグイン」です。

コピーされた内容、先を通知してくれるWordPressプラグインなので、

コピーされた先のURLがメール形式で送信されます。

スポンサーリンク

プラグインから、検索

Check Copy Contents

を検索しましょう。

有効化から、

設定をクリックします。

CCC設定について

感知する文字数ですが、

1文字から検知されますが、

超敏感:1文字

タイトル程度から:10文字

明らかなパクリ、盗作:30文字

くらいがいいかと思います。

ちなみに自分自身がコピーした内容も感知するみたいなので、

適度に導入することをおすすめします。

所感

当然ページ数が多くなると、コピーされやすく。

いい記事ほど当然コピーされます。

手動で打った場合は、検知されないので、

気にしないというのも一つの手ではあると思います。

 

スポンサーリンク


関連記事


人気サーバーランキング


おすすめ記事

自己紹介

フリーソフト好きな管理人が、自分のオススメするフリーソフトを勝手に乗せるサイトです。 ワードプレスについてはまだまだ勉強中です~。

最近の記事

  1. 2020.07.10 | windows10, ファイル編集

    Windows 10対応のマウスジェスチャーソフト『StrokesPlus』
    右クリックしながらマウスで予め決められた軌跡を描くことをきっ…
  2. WordPress

    2020.05.24 | WordPress

    サイトの収益化を狙う時に必要な『Goolgeアドセンスの審査の申請方法』
    サイトの収益化を狙う時に必要な『Goolgeアドセン…
  3. 2020.05.05 | 画像編集

    Youtubeのサムネイルなど、WEB上で簡単ロゴ・バナー作成なサイト紹介
    今回オススメしたいサイトは、Canvaというサイトです。…
  4. hjsplit

    2020.04.05 | freesoft, ファイル編集

    圧縮・解凍ソフトの新定番!『CubeICE』
    RAR 解凍ソフト Lhaplusですが圧縮・解凍ソフトの新…
  5. WordPress

    2020.03.22 | WordPress, サイト作成

    WordPressデーターを丸ごと移動できる「All-in-One WP Migration」
    WordPressのデーターを丸ごと移動できる「All-in…

カテゴリー